ホームコラム : 自分でできる花粉症対策

アレルギー疾患 花粉症 かゆみ


花粉の飛散開始日の2週間くらい前から早めに医師の診察をうけてくすりをのみ始めると、症状が出てくるのが抑えられたり、症状が軽くてすんだりします。この花粉が飛び始める前にスタートする初期療法については「花粉症の治療~初期療法をご存知ですか?」 に詳しく書いていますので御参照ください。

さて、診察室で「自分でできる花粉症対策って何かないですか?」という質問を受けることがあります。下記の【1】~【5】を実践してイヤな季節をのりきりましょう。

  1. 毎日の情報収集
    花粉症対策の基本は花粉を避けることです。花粉は天気や時刻によって飛散量が違います。天気予報やインターネットで花粉情報に注意するようにしましょう。
  2. 外出時はマスク
    数ある花粉症対策グッズの中で一番のおすすめはマスクです。なるべく隙間ができないもの、使い捨てタイプがよいでしょう。いろいろな製品を試して自分に合ったものを選びましょう。
  3. 帰宅時に必ずすること
    帰宅時には、玄関の外で花粉を払い落とし、家の中に入ったらまず手洗い、うがい、洗顔、をしましょう。
  4. 洗濯もの
    花粉が多い時期は室内干しがおすすめです。ふとんや洗濯ものを屋外に干した場合は、外で花粉をよく払い落としてから取り込みましょう。
  5. 掃除

窓の開け閉めはできるだけ減らして、花粉を部屋の中に入れないようにしましょう。掃除をこまめに行い、室内の花粉を減らしましょう。

関連コラム

梅田皮膚科で施行可能なRAST(特異的IgE)検査