コラム : 口腔アレルギー症候群~花粉症とリンゴやトマトの奇妙な関係

アレルギー疾患 花粉症 かゆみ

果物を食べてくちびるやのどの奥にかゆみや違和感を感じたことはありませんか?このような口腔粘膜の接触蕁麻疹を含んだ即時型食物アレルギーを口腔アレルギー症候群(OAS)と呼びます。

OASは食物摂取後15分以内におこり、口唇や口腔内、のどの奥(喉咽頭部)の刺激感、痒み、腫脹、閉塞感が最も多い症状ですが、鼻水、結膜充血、全身皮膚のじんましんをひきおこすこともあり、時には、咳、喘息、呼吸困難などの呼吸器症状や、腹痛、下痢などの消化器症状、アナフィラキシーショックを伴うこともあり注意が必要です。

診断は問診のみではっきりする場合もありますが、交差反応により複数の食物に反応してしまうことも多く、気になる方は新鮮な食物によるプリックテストや血液検査(RAST)によって詳しく調べることをおすすめします。

OASの原因となる食物は果物や野菜の頻度が高く、ウリ科の果物(メロン、スイカ)やバラ科の果物(モモ、リンゴ、ナシ、サクランボ、ビワ)、キウイ、パイナップル、バナナ、トマト、ナスなどが知られています。頻度は比較的低いのですが、エビ、カニ、イカ、ソバ、牛乳などによってOASが起こることもあります。

花粉症の患者さんがOASを合併しやすいことが知られており、花粉食物アレルギー症候群(pollen-food allergy syndrome) と呼ばれています。既にいくつかの特定の花粉と果物の組み合わせの間に交差抗原性が確認されています。花粉と果物という取り合わせを奇妙に感じられる方も多いのではないでしょうか?

シラカンバ花粉症患者が前述のバラ科の果物でOASをひきおこしやすいことが以前より欧米で知られていましたが、日本でも北海道で、1980年代後半からシラカンバ花粉症(5月上旬が飛散のピーク)の患者が増え始めています。阪神地方では、1960年代、六甲山麓に大量に植樹されたオオバヤシャブシ(※)に対する花粉症患者にリンゴをはじめとするOASが多くみられています。

花粉症といえば真っ先に思いつくのがスギですが、スギ花粉症患者が生のトマトでOASを起こす場合があります。スギ花粉とトマトの間には交差抗原性が証明されているのです。トマトの抗原は加熱処理で失活するため加工品では症状が出ないため見過ごされていることがあります。新鮮なトマトを口にして初めてあらわれるOASというわけです。

花粉のほかにもゴム手袋の材料に使われているラテックスと果物が交差反応を起こすことが知られておりラテックス-フルーツ症候群と呼ばれています。この ラテックス-フルーツ症候群 については項を改めて述べたいと思います。

さて、OASの治療ですが、現在のところ除去食が適切とされています。症状が出現しているにもかかわらず繰り返し食べ続け重症化した報告もあるので注意が必要です。

※オオバヤシャブシ:阪神間の市街地では3月中旬から4月上旬に花粉飛散のピークがあります。

引用文献:池澤善郎編集、特集Oral allergy syndrome,アレルギー・免疫vol.8,no.8,837-919,2001