コラム : 動き始めた Our Revolution~梅田皮膚科の大変革~

梅田皮膚科

開院10周年を迎えた2017年は、まさに梅田皮膚科にとってRevolutionの年となりました。

【1】2名の女性医師の新規入職

2017年、2人の女性医師が当院に入職しました。(プロフィールはこちら) 2人とも皮膚科医療の最前線で活躍してこられた経験豊かな皮膚科専門医であり、今までの勤務歴から考えますと、プロ野球の投手に例えるなら、シーズンを通して先発ローテーションで活躍できるエース級のピッチャーが2人いっぺんに入団してきたような活況です。開院以来、長期にわたり当院で診察しております西村雅恵医師にさらに2名が加わるわけで、女性皮膚科医王国と言ってもいい充実した陣容となりました。皮膚科という科の性質上、女性医師の診察を希望される女性患者さんもおられますので、月曜午後と土曜午前を除くすべての診察曜日時間帯で、女性医師の診察を受けて頂くことが可能になったということは、Revolutionと言っても過言ではないと思います。一方、男性医師を希望される患者さんもおられると思います。梅田皮膚科では、すべての診察曜日時間帯で男性医師の診察が可能ですので、御安心ください。

【2】完全2診制の復活

上記の医師増員に伴いまして、2017年10月より、完全2診制による診療体制をとれるようになりました。日曜午前など、曜日によっては、3診制の日も常設できるようになりました。2016年から2017年9月まで、曜日により1診制の日が生じ、混雑のため待ち時間が長くなり、御迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。2017年10月より、全ての診察曜日での完全2診制を再開することができたことにより、延べ人数で来院患者数が年間4万人を超える皮膚科のクリニックの中では待ち時間の短さでは群を抜く梅田皮膚科が、2015年以来の復活を遂げました。

【3】ミッションステートメント(スタッフが共有すべき価値観や果たすべき社会的使命)

今までスタッフ教育の基礎としてきた、当院のミッションステートメントの2大テーマを、開院10周年を記念してウェブサイト上でも公示したいと思います。

「患者さんを最善の道に導く。その患者さんが自分の家族だと考えてみれば答は明らかになる。」
「皮膚科受診を必要とする患者さんの利便性アップを追求する。そのためにはスタッフ人材育成及びその維持継続が必須である。」

この2つの大きな幹から、しっかりした枝が出て、生き生きとした葉が茂り、患者さんの皮膚が健やかに回復するという実を結べるように、スタッフ一丸となって日々精進してまいります。今後もよろしくお願い申し上げます。

2017年9月23日記載:初代院長 梅田二郎