ホームコラム : 時代は変わる~男性型脱毛症(AGA)治療の新しい波

皮膚科疾患 脱毛

2016年6月13日は日本の男性型脱毛症(AGA)治療が大きく変わる日となりました。関係者の間では、その発売が今か今かと待たれていたデュタステリドが、AGA治療薬として遂に我が国で発売開始となりました。
従来よりAGA治療に使われていたフィナステリドは、テストステロンをDHTに変換する2型の5α還元酵素のみを阻害します。一方、デュタステリドは、テストステロンをDHTに変換する1型および2型の5α還元酵素の両方を阻害します。

上記の作用機序から、デュタステリドは、薄毛に悩むより多くの方に効果が期待できるといわれています。ただし、人によってどの程度多くの発毛があるかは個人差があるようです。

副作用の出現の頻度や症状に関しては、フィナステリドとデュタステリドで異なる可能性があります。

価格に関しては、デュタステリドは、当院比較で、フィナステリドの1.10~1.12倍(処方錠数による差です)となります。

現在、フィナステリドを内服していてその効果に満足されている方は、そのままフィナステリド内服を継続されることをお勧めします。

現在、フィナステリドを内服しているが、さらに積極的に、より多くのより太い頭髪を目指したいという方は、デュタステリド内服を検討してみることをお勧めします。

堺市にお住まいの方は、AGA治療薬の処方数で常にトップクラスであります梅田皮膚科で御相談ください。