コラム : 食物アレルギーと制限食

アレルギー疾患 皮膚科疾患 アトピー かゆみ

前回、 乳児のアトピー性皮膚炎 についてお話してきましたが、今回はその続きで食物アレルギーと制限食のお話です。

乳幼児期のアトピーは、学童期~成人のアトピーと異なり、アトピーの増悪因子の中で“食物アレルギー”の占める割合が高くなります。まず、生後3~4か月で赤ちゃんのアトピー症状が悪化し母乳の影響を考え母体の制限食について悩むお母さんが来院されます。そして離乳食が始まる生後5~6か月時に実際離乳食で何を制限したらよいのかを悩まれるお母さんがとても多いのです。

当院では、生後5か月めくらい以降でアトピー症状の強い赤ちゃんには、食物アレルゲンによるプリックテストを行っています。1mmの長さの針の下に肩がついていて深く刺さらない構造になったプリックランセットという器具を用いて行いますので、採血と比べるとずいぶん少ない痛みで検査が行えます。項目は卵白、牛乳、小麦、大豆、米について行います(ペットが家にいる御家庭では、犬毛、猫毛の検査も追加できます)。この結果をもとに母乳栄養の場合はお母さんの食事をどうすべきかの指導、人工乳栄養の場合で牛乳アレルギーが判明した場合は牛乳アレルギー用ミルクへの移行指導を行います。

離乳食には、幅広いバランスのとれた栄養摂取という目的の他に、咀嚼力(かむ力)を養うという大切な目的があります。食物アレルギーを過度に恐れて、離乳食の進行が遅れがちになっている場合もあり注意が必要です。

食物アレルギーは通常1歳~1歳6か月でピークを迎え、その後軽快していく場合が大半なので、定期的に血液検査でRASTを測定し、その値の経過を見ながら制限食を解除していくことになります。小学校入学まで食事制限を必要とするのは非常にまれなケースです。

梅田皮膚科では、皮膚の状態を見ながら、検査値の動きを検討して、食物アレルギー児の制限食指導、制限解除を行ってまいります。赤ちゃんのアトピー症状、 蕁麻疹(じんましん) などの皮膚症状でお悩みの方は、是非御受診ください。

梅田皮膚科で施行可能なRAST(特異的IgE)検査