コラム : 円形脱毛症

皮膚科疾患 脱毛

円形脱毛症はその名のとおり円形の脱毛が頭部に生じる病気ですが、まゆ毛やヒゲ、わき毛や陰部の毛にも脱毛が起こる場合もあると聞くと驚かれる方も多いのではないでしょうか?他にも、爪の変化が円形脱毛症の診断に役立つこともあるのです。爪の点状陥凹や横溝、爪甲剥離などです。黒点(※)、切れ毛、感嘆符毛(※)などの病的毛は皮膚科専門医による診断が必要になります。

原因は、毛組織を自分自身の免疫システム(自己免疫)が攻撃しているためと言われています。慢性甲状腺炎(橋本病)や膠原病、尋常性白斑など自己免疫的な病因背景を持つ疾患を合併することがあることもこの自己免疫説の裏付けになっています。またアトピー性皮膚炎との合併もしばしば見受けられます。

昔から、円形脱毛症は精神的ストレスにより生じるといわれてきました。確かにストレスが引き金となって発症するケースも見受けられ、その影響は否定できません。しかしながら、毛組織に対する自己免疫が、精神的ストレスのみにより生じるとは考えにくいと言えます。円形脱毛症の原因のすべてが明らかにはなっていないのです。

円形脱毛症の中には、自然治癒の見られるものも少なくありません。その一方であらゆる治療に抵抗性を示す難治例が存在するのも事実です。頭部は露出部位であるため、常に人目にさらされているというストレスは患者さん本人でなければわからないものです。この病気にはバラエティに富んだ様々な治療法が存在します。

基本的な治療法としては、局所血管拡張作用を持つ塩化カルプロニウムやローションタイプの副腎皮質ステロイド剤の外用療法、血流促進作用や免疫機能増強作用を持つセファランチン、免疫調節作用を持つグリチロンの内服療法があります。これらの治療は副作用があっても軽微であるのでまず第一選択としてとられる治療法です。

治療を開始しても数か月の間は引っ張ると簡単に毛が抜けてしまうという状態は続きます。これは治療を始める数か月前より続いている毛組織への自己免疫による攻撃の結果ですので避けることはできません。攻撃が治まって発毛が確かめられるまで数か月は待ちましょう。

しかしながら、多発型や進行が激しい場合、患者さんの個人差もありますが、ある程度の副作用のリスクを背負った治療を選択される場合もあります。このような治療として、合成化学物質を用いて故意に脱毛部にかぶれを起こし免疫の正常化をはかる感作療法(局所免疫療法)があります。この感作療法については、現在当院では行っておりませんので専門医療機関に紹介させて頂いております。

脱毛でお悩みの方はお近くの皮膚科専門医に御相談ください。

※黒点:萎縮した毛が毛孔内に塊状に詰まった状態 ※感嘆符毛:毛根が細くなっている状態